コラム
Column

美容

いつもマスクをつける今こそ必要な化粧品「リペア&バランス」

いつもマスクをつける今こそ必要な化粧品「リペア&バランス」

新型コロナウイルスと肌荒れ

新型コロナウイルスの影響で、マスクをつける生活が日常化していますね。
常にマスクをつけるようになって、これまでなかったニキビや吹き出物ができたり、あご周りが肌あれしたり…。いつものスキンケアが急に合わない…なんてお悩みはありませんか?

肌あれのメカニズム

通常、皮膚の内側は水分が保たれ、外部からの刺激を跳ね返すバリア機能が働いています。
しかし、マスクをつけることで摩擦や汗、ムレなどの外的要因でお肌の環境が変化してしまします。

環境
マスクを装着しているとマスクの中は温度と湿度が高くなりお肌がしっとりしていますが、外すと外気の温度や湿度の差でお肌の水分が蒸散し、バリア機能が低下してしまいます。バリア機能が低下したお肌は刺激に敏感なため、痒みや違和感を感じやすくなります。
また、季節変化と同様で温度と湿度が高い環境では汗や皮脂の分泌が多くなります。皮脂がたくさん分泌されたお肌は空気に触れない状態であり、嫌気状態(酸素のない環境)で活性化するアクネ菌にとって好条件の環境となります。

ムレ
会話・咳・くしゃみなどで飛んだ唾液の中には、普段皮膚上では存在しない口腔内の細菌がたくさん存在します。これらの菌がマスク内で繁殖してしまい、肌あれの原因になることも。マスクの中は、高温多湿。細菌が繁殖しやすい環境なのです。

乾燥
ムレているから水分はたっぷりあると思いがちですが、マスクを外した直後は肌表面の水分が蒸発し、その温度と湿度の差から逆に乾燥してしまうのです……。お肌を守るバリア機能が低下すると、水分バランスが崩れ、刺激を感じやすくなったり肌あれを引き起こしたりします。

摩擦

マスクを装着して会話したり、表情を変化させることにより無意識にお肌とマスクの間には摩擦が生じています。マスクの繊維と肌が長時間こすれることによって、お肌表面の角質細胞が乱れ、肌のバリア機能が低下してしまいます。他の肌状態でも書きましたが、バリア機能が低下すると刺激を感じやすくなったり肌あれが起こりやすくなります。
近頃は医薬品メーカーだけでなく、繊維やアパレル、スポーツメーカーも肌に優しいマスクを発売しているところからも、肌あれしないマスクの需要が高まっていることを感じられますね。

ストレス
コロナ禍での生活の変化、長時間のマスクを装着、感染を気にするストレス…様々なストレスによって、ホルモンバランスが乱れやすくなります。ホルモンバランスが乱れると、お肌のターンオーバーが正常に働かなくなったり、肌あれを引き起こす原因にもなってしまいます。

お肌の調子は気持ちにも影響しませんか?

お肌の調子が悪い日は気持ちまで沈みがち…そんな不安定でゆらぎがちなお肌の方には、
バリア機能をサポートし、肌バランスを整えてくれるスキンケアを使ったり、敏感肌用のアイテムで丁寧に保湿するのがおすすめですよ。


サツドラからのおすすめアイテムは、『明色化粧品の「リペア&バランス」です。』

リペア&バランスは日々不安定な「ゆらぎ肌」用の敏感肌用スキンケアシリーズなんです!
いつもマスクをつける今こそ必要な化粧品「リペア&バランス」
リペア&バランスは、マスクで荒れたお肌のバリア機能をサポートし、水分バランスの整ったお肌を保ってくれる、まさにマスク荒れの救世主!
特に、私が注目しているのは、敏感肌アイテムとしては珍しい導入液「リペア&バランス マイルドトナー」ですね。肌あれの不安定なお肌の土台をやさし~く潤して、その後に使うスキンケアアイテムの浸透をUPしてくれますよ。
高機能で195ml 1400円とお手頃な価格もうれしいです。マスク荒れで落ち込んだ心もハーバルフローラルが調和したみずみずしくフレッシュな精油の香りでとっても癒されます。

この秋は、リペア&バランスでゆらぎ肌から解放されて、毎日調子のよい日々を過ごしましょう!